ドーナツの穴

ドーナツの穴

twnovelを元に書いた小文を折本にしたり、EPUBにしたりします。うろ覚えな話もします。

第23回短編小説の集い「のべらっくす」に参加しました

少し変則的な「300字ss」という形式で書きました。よろしくお願いします。

イベント詳細

novelcluster.hatenablog.jp

投稿作品一覧

novelcluster.hatenablog.jp

総評および感想、振りかえり

novelcluster.hatenablog.jp

novelcluster.hatenablog.jp

ご覧くださいまして、ありがとうございます!

参加作品

お題「虫」で書きました。(300字)

虫男

 台風一過の九月初め、マンホール付近の水たまりを猫が突いていた。見れば、ムカデがひっくり返されている。ムカデの尾には、まだ脱ぎかけの皮が貼りついていた。赤い首輪をした近所の虎猫である。わざわざ獲物をとる要はない。俺はムカデの胴を掴んで道の端へ投げた。皮を引きずりながら逃げていく姿が痛々しい。
 その晩、居酒屋で相席になった女が泊めてくれと言う。そのまま部屋に居ついてしまった。
 翌月の早朝、ドアノブを握った俺は女の悲鳴にふり返る。女は殺虫剤の缶を掴んで薬剤を噴霧していた。傍へきた俺に部屋の一角を指さす。ムカデが一匹、畳の縁で痙攣している。
 俺は気落ちした面持ちでムカデと女の顔を眺めるばかりである。(了)

※鶴女房をモチーフに書きました。